tokuten 会員向けサービス 地域企業若手技術者向け「イノベーション研修プログラム」

平成29年度プログラム

Print

  • ●H29.10.27・H29.11.10 工学研究科 機械システム工学講座 材料力学研究室 岩本剛 准教授
    材料力学】応力と歪(荷重と応力 、ひずみフックの法則 、応力ひずみ曲線、許容応力と安全率)、引張りと圧縮、梁のせん断力と曲げモーメント、はりの応力とたわみ
    お申込みはこちら

  • ●H29.11.22 工学研究科 機械システム工学講座 流体工学研究室 尾形陽一 准教授
    流体工学】エネルギー保存則(ベルヌーイの式)、質量と運動量 の保存、理想流体の力学、層流と乱流、粘性流体の力学、各種流れの抵抗など

    お申込みはこちら

  • ●H29.12.6 工学研究科 エネルギー工学講座 熱工学研究室 井上修平 准教授
    【熱力学・伝熱工学】
    熱力学の第1法則および第2法則、熱移動の主な形態である熱伝導、対流(凝縮、沸騰を含む)および熱ふく射

    お申込みはこちら

  • ●H29.12.20 工学研究科 輸送・環境システム講座 構造システム研究室 田中義和 准教授
    【振動工学】
    1自由度系自由/強制振動(減衰なし/減衰あり)、2自由度系自由/強制振動(減衰なし/減衰あり)、多自由度系振動とモード解析、弦とはりの振動
    お申込みはこちら

  • ●H30.1.17 工学研究科 機械材料工学講座 弾塑性工学研究室 濱崎洋 助教
    【弾塑性力学】材料の塑性挙動、3本トラス、梁の曲げの弾塑性問題、降伏条件
    お申込みはこちら

  • ●H30.2.14 工学研究科 機械材料工学講座 材料強度研究室 曙紘之 助教
    【材料強度】
    破壊形態、S-N曲線、疲労限度線図による疲労強度評価、累積疲労損傷則、サイクルカウント法、低サイクル疲労、破壊力学
    お申込みはこちら

  • ●H30.3.7 工学研究科 化学工学講座 高圧流体物性研究室 木原伸一 准教授
    【粘弾性力学】
    粘弾性材料、緩和弾性率、粘弾性体の基礎モデル、マクスウェルモデルの応答応力、任意の入力ひずみに対する応答応力、粘弾性材料の物性計測、熱レオロジー的に単純な材料、マスター曲線作成、対応原理

    お申込みはこちら

     

→ 平成28年度プログラム
→ 平成27年度プログラム
→ 平成26年度プログラム
→ 平成25年度プログラム

対象者・受講費用

フェニックス協力会会員(無料)
非会員(2000円/回・人)

研修分野

材料力学・流体工学・熱力学・伝熱工学・振動工学・弾塑性力学・材料強度・粘弾性力学

研修日時・場所・その他

期間・時間 2017年10月~17:00
場所 広島大学東千田未来創生センター
(広島市中区東千田町一丁目1番89号)
※会場へはできるだけ公共交通機関をご利用ください。
やむを得ず車でお越しの際はキャンパス内の駐車場をご利用ください。

 

 

お申込み方法

下記申込フォームにてお申込みください。
※1度申込をすると、次回の講義のご案内メールを送付させていただきます。不要の場合は下記アドレスにご連絡ください。

受講のお申込フォーム

※ご記入いただいた個人情報については、フェニックス協力会で責任をもって管理し、イノベーション研修のお知らせのみ使用させていただき、第三者への開示や他の目的には使用いたしません。

問い合わせ先 研究協力会事務局 082-424-4302
E-mail techrd@hiroshima-u.ac.jp

ページの先頭に戻る